アヌラダープラ

アヌラーダプラ(英語:Anuradhapura、シンハラ語:අනුරාධපුර)は、スリランカ北部の町。年代記の『マハーワンサ』(大史。6世紀初頭)や『チューラワンサ』(小史)によれば、紀元 前5世紀から紀元11世紀に至る長い間、北部を根拠地としたシンハラ人を主とする王朝の王都として繁栄した。別の所に移されたこともあったが、短期間で元に戻っている。

スリー・マハー・ボデーィ(Sri Maha Bodhi)と呼ばれている菩提樹があって、仏教徒の崇拝対象になっている。『マハーワンサ』(第19章)によれば、インドのブッダ・ガヤーで正覚(悟 り)を得たとされるゴータマ・シッダールタが座って瞑想していた金剛座の背後 に繁る菩提樹から、アショーカ王の妹のサンガミッターが小枝を瓶に入れて当地にもたらしたとされる。スリーは敬称(聖なる)で、マ ハーは偉大な(または真の)、ボーディ(菩提)は目覚めたる者の意味である。仏教伝来の王都であったため、たくさんの遺跡が残っている。新しい町と古代の 町に分けられて、遺跡群は保護されている。巨大なストゥーパ(仏塔)が散在し、半球状の構造をなし、石または煉瓦で作ら れている。

最大のストゥーパは、紀元前1世紀に作られたアバヤギリ・ダーガバ(Abhayagiri Dagaba)で、現在でも74メートルの高さがあり、建築当時はその周囲に半球状の屋根を含む構造があり高さは100メートルあったと言われる。周囲に は5000人の僧が生活した僧院があった。主な遺跡には、ベッサギリ寺院、イスルムニヤ寺院、ダクヌ仏塔、ミリサワティ仏塔、ルワンワリサーヤ仏塔、 ジェーターワナ仏塔、トゥーパーラーマ仏塔、ランカーラーマ仏塔などがある。

灌漑用に人工の湖(ウェーワ)が数多く作られ、高度な土木技術があったことがわかっている。水の統御に基づいて高い生産力の水田稲作農耕が発達し、国の経 済的基盤を形成した。ドライ・ゾーンに位置するため、雨季は年1回であり、溜池灌漑はこの地に生きる人々にとって重要であった。技術的には南インドのタミル・ナードゥと共通しており、海を越えた交流が頻繁に行なわ れていたと見られる。


イスルムニア精舎
Isurumuniya Vihara

ここを見ずしてアヌラーダプラは 語れ無い 別名「ロック・テンプル」 後ろに控えし岩をくり抜いて造ってます 紀元前3世紀 デーワーナンピヤ・ティッサ王により創建

← の写真で 右から ティッサ貯水池 御堂 本堂 白いダーガバ 見えてないけど宝物殿

ガードストーン (これからどんどん出てきます)

御堂 これは創建当時の物 中まで入れます 岩をくり抜いてます

右のガードストーン

← 階段の装飾 こういうのがたまらなく好きなんだな私は

→ 階段横の装飾 どうしたって象をモチーフにしたものが多いやね

ここイスルムニア精舎では この ← → の彫刻がつとに有名 ティッサ貯水池にある

← 水浴びする象

→ 馬と豊穣の神パリジャニ かも?

本堂の内部 色鮮やかな仏陀の数々(って言い方は変かな?) なんとこの仏陀達の色の塗り替えは東京浅草の浅草寺の援助による物なんだって スリランカはアヌラーダプラに来て浅草寺の名を聞くとは思わなんだ

ここイスルムニア精舎の裏山は登ることが出来ます

見えているのが入り口の門 ここから脱帽と素足

本堂の横に宝物殿がある → が一番有名な
「恋人の像 The Lovers」
5世紀の作

彫られているのはドゥッタガーマニー王の息子のサーリヤ王子とその恋人マーラと言われている (が、諸説有り)


スリー・マハー菩提樹
Sri Maha Bodhi Tree

仏陀がその木の下で悟りを開いた菩提樹の分け木がここにある インドのオリジナル?の菩提樹はすでに枯れてしまいゆかりの菩提樹はここのみ → これだね

残念ながらさわることは出来ません ↓ ここから覗けます

紀元前3世紀にインドのアショーカ王の王女サンガミッタがインド・ブッダガヤの菩提樹の分け木を持ってきたのだ

← ここにもあります ガードストーン

スリランカらしい造形 → 像づくし

お釈迦様の教えを物語風にしてあります 前面がガラスで覆われているので、写真撮影は厳しいね n(_ _)n


スリー・マハー菩提樹~黄銅宮殿~ルワンウェリ・サーヤ大塔 の通り

こんな感じの道を歩いて 次の寺院等に向かいます ここは靴を履いてもいいんだよ (^-^)

スリー・マハー菩提樹とルワンウェリ・サーヤ大塔の中間にある 「黄銅宮殿」 Loha Prasada 40列40本の石柱が残っている 紀元前2世紀 ドゥッタガーマニー王により創建 当時は黄金色の屋根があったためこの名がある 柵があって入れません

これも有名な 「人型の石棺」 この中に薬草を入れてその中に人が寝て使ったと言われる

某番組のクエスチョンになってましたね


ルワンウェリ・サーヤ大塔
Ruwanweli Seya Dagoba

あまりにも有名な ルワンウェリ・サーヤ大塔
(三大大塔の一つ)
それを際だたせているのが ↓
この象の大群
来たぁ~って感じる瞬間だね

高さ55m
(創建当初は110m!!
もあった)
今でも見上げるくらいでかい
ここアヌラーダプラのどこからでも見えるし実際ほぼ遺跡の中心にあるのだ

紀元前2世紀 ドゥッタガーマニー王により建設開始、だが完成を待たずに死亡 その意志を サッダーティッサ王子が継ぎ完成 バブル・シャープと呼ばれる饅頭型のダーガバ まぁ、とにかくでかいやね 周りをぐるっと見て回れます が、地面は熱いし(当然裸足です)、ダーガバが白いから照り返しがきついしで一周すると脱水状態になります 地面が熱くても日陰などの逃げ場が全然無いんだよここは (事実私はへとへと状態になってしまった)

王の像でしょうか 詳細不明です n(_ _)n

もう倒れそうでした私 (T_T)


トゥーパーラーマ・ダーガバ
Thuparama Dagoba

アヌラーダプラ最古のダーガバ

紀元前4世紀に仏陀の右鎖骨を祀るために建てられた 倒れそうな柱は1840年再建当時にダーガバに屋根をかけるための物だったらしいが、今にも倒れそうで、いいの?って感じっす

高さ19m
ベル・シャープ型(釣り鐘型)
観光客少なめです

ランカラーマ・ダーガバ
Lankarama Dagoba

小振りのダーガバ

ここは石柱を使ってきちんと屋根がかかってました


小振りのダーガバ ここは石柱を使ってきちんと屋根がかかってました

なんたってこのクイーンズ・パビリオンを有名にしているのは ムーンストーンに他ならないのだ! すばらしい出来です 他の遺跡は基壇があるだけで・・・です 他のムーンストーンは一般人も踏んでも良いのだが、ここのは柵で覆われていて見るだけ

一番外側が 炎の輪:人間の世界とそこに渦巻く欲望を表す その次が4種の動物の輪:生命の力と活力を表す 象が誕生 馬が老齢 ライオンが病 牡牛が死 この4種で輪廻を表す

ムーンストーン3 その次は、花の輪:愛する心を表す その次は、花をくわえた鳥(ソン):純潔を表す で、最後に蓮の花:天国を表し、死後ここにたどり着くと言うこと

確かにどのムーンストーンより出来が良い 必見っす


その他

アバヤギリ大塔 Abhayagiri Dagoba

かつてスリランカにもあった大乗仏教の総本山
紀元前1世紀にワッタガーミニ・アバヤ王の命により建立
当時の高さ 110m
現在でも 75m!! アヌラーダプラ最大級
(三大大塔の一つ)
修復中

ジェータワナ・ラーマヤ Jatavana Ramaya

紀元3世紀 マハーセーナ王の命により建立
当時の高さ 122m!!(水晶の高さまで含めると152m)
レンガの土台は直径113m 現在の高さは70m
(三大大塔の一つ)
この大塔を有名にしたのは、1982年に発見された9世紀頃のサンスクリット語で書かれたマハーセーナ経典の金板である 修復中

← クッタム・ポクナ Kuttam Pokuna 僧の沐浴場

→ こんな猿があちこちにおります
これは日向ぼっこ中です