ダンブッラ

ダンブッラの黄金寺院とは、1991年にUNESCOの世界遺産に登録された石窟寺院である。コロンボの148キロメートル東方、キャンディの72キロメートル北方に位置する。スリランカにおいて、最も保存状態がよい石窟寺院として知られている。黄金寺院の周辺には、確認されているだけで 80以上の洞窟がある。

黄金寺院において重要な寺院は5つであり、そのそれぞれに聖像や絵画がある。これらの聖像や絵画は、釈迦と その生涯に関連したものである。153の釈迦像、3つのスリランカ王の像、4つのヒンドゥー教の神像が祀られている。壁画の面積は2,100平方メートルに達し、絵画には、釈迦が最初に説教を 行ったマーラへの説教も含まれている。

ダンブッラの黄金寺院の歴史は紀元前3世紀にまで遡る。その当時から、ダンブッラの黄金寺院は、最大規模でかつ最も重要な僧院として機能していた。 僧院を寺院へとして転換したのは紀元前1世紀の王ワッタガーマニー・アバヤ(シンハラ朝第19代国王、在位紀元前89年から紀元前77年)である。彼は、 タミル人の手によって、アヌラーダプラから追放されたが、ダンブッラで保護され、15年後 には、再び、アヌラーダプラに帰還した。その感謝の念を持って、僧院は寺院へと発展を遂げた。

その後も、ダンブッラの寺院には多くの増築が施された。その結果として、ダンブッラの黄金寺院は、スリランカを代表する仏教寺院へと発展を遂げるこ ととなった。ポロンナルワの王統で最後の王であるニッサンカ・マッラ(en、在位1187年-1196年) は、寺院を金箔で飾り、また、1190年には、70対の仏像を寺院に納めている。 18世紀には、キャンディ王国の手によって、石窟寺院の修復作業が行われた



ダンブッラ石窟寺院 Dambulla Cave Temple

スリランカ最大の石窟寺院

石窟寺院:ここの寺院は天然の洞窟を利用して造られている 現在でも使用されている

世界遺産で御座います

第1窟から第5窟まである
←の岩山の頂上付近に造られているんだな、コロンボからバスで5時間くらい、ほとんど平らな平原を来ていきなり岩山がある感じです

急な岩山を登ること15分で着きます
この岩山の名は
ランギリ Ran Giri
「黄金色に輝く」の意

寺院ですから、入り口から靴を脱ぐし脱帽するです 手前側が第5窟で奥が第1窟です

大変わかりづらいですが、寺院の上の部分の岩に刻まれた絵?です


正月飾りだそうです
一応願い事?をするらしい


入り口からはいると、廊下があります
廊下でつながっている寺院もあればつながってないのもあります

普通に見て、1~2時間位
じっくり見たら1日では足りませんな

(^。^)
160体の仏像がお待ちになっておりますよ
内側は外からの印象とは全然別ですな
ちと、薄暗いのでペンライトなんぞあると意外と便利かも

紀元前1世紀にシンハラ王のワラガムバーフ王により建造
度重なる修復によりオリジナルというものは無い
修復時に別の違った絵を描くことも多かったらしい


頂上付近から見た眺め
右側の池・湖っぽいのは
すべて貯水池
これがスリランカの特徴でもある


第1窟 デーワ・ラージャ・ヴィハーラ Dava Raja Vihara
(神々の王の寺)

最古の石窟である
←は、この寺院最大の仏像

約14m 壁と同じ天然石製 (あまりに大きいのと、部屋が狭いので1枚では撮れません (T^T))

少しはげているが黄金色に塗られている 壁画があるがかなり痛んでいる

17世紀にセナラット王が壁画の修復を命じたが、修復じゃなくて別の絵を古い絵の上にがんがん描いちゃったらしくて、現在ではどれがいつの時代の壁画かわからん状態ですって ・・・ 困ったもんだ

さて、ここでクエスチョン: 涅槃像の足の裏は赤く塗られることが多いが それは何故?→

答は、(2説ある)
1.仏陀が入滅した紀元前5世紀にシンハラ王朝のウィジャヤ王がインドから到着した際にスリランカに上陸した祭、足の裏に赤土が付いていた色から来ている もう一つは

2.同じくウィジャヤ王がインドから到着した祭に手のひらが真っ赤であったという説


第2窟 マハー・ラージャ・ヴィハーラ Maha Raja Vihara
(偉大な王の寺)

偉大な王とは、寺の創始者:ドゥッタガーマニーのこと ← この方です

ダンブッラの石窟寺院で最大の洞窟 幅約52m 奥行き約25m 天井高約6m(入り口付近)

56体の仏像がある

 

確かに巨大です
その壁際に仏像、壁から天井に掛けて壁画が所狭しというか至る所にある感じ
ただ、説明とか曰く因縁?とかが不明なものが多いので皆同じような物に見えてくる嫌いがある

← の中央の白い線は、カーテンレールが反射した物 仏像を覆う布をかけておく物?かな こんなに反射するとは夢にも思わなかったりして・・・ (T_T)

ここ、第2窟の中央部に井戸のような囲いがある これは天井から落ちてくる湧き水を受けるための物 この水は聖水であり寺の宝、この水だけで何日も過ごせる魔法の水 ちなみに ダンブッラとは「水の湧き出る岩」の意でこの地の由来となっている


第3窟 マハー・アルト・ヴィハーラ 
(偉大な新しい寺)

8世紀のキッティ・シリー・ラージャーハー王により建立

← 全長9mの寝仏 このほか56体の仏像がある

寝仏です そう → 足先が揃ってます つまり入滅前ってこと 寝ているだけ? ってことですよね

→かわいい仏像がありました

この第3窟はとても綺麗できらびやかですね さすが新しい寺と呼ばれるだけあります


第5窟

1915年建立の新しい寺

少し黒ずんでいるのは、信者の焚くお香のせいですね 煤けてますね