キャンディ (スリランカ)

キャンディ(英語:Kandy、シンハラ語: මහ නුවර、タミル語: கண்டி)はスリランカ中部州の州都。キャンディはシンハラ語で山を意味するカンダの訛りで、正式にはカンダ・ウダラタ(山 上国)といい、マハー・ヌラワ(大きな町)とも呼ばれる。シンハラ人のウダラタ王国(1474ー1815)の最後の都である。人口は約11万人。またスリランカ中部では最 大の都市部で、地域経済の中心地でもある。

仏教の聖地として、1988年に、「聖地キャンディ」の名前で、ユネスコ世界遺産に登録された。仏陀の犬歯が あるとされる仏歯寺(ダラダー・マーリガーワ)がある。年代記の『チューラワンサ(小 史)』によれば、仏歯は4世紀にインドのカリンガ国からもたらされたとされ、アヌラーダプラのダンマチャッカ(法輪堂)におさめられて祀られ、 王権の権威を保証する証となった。当時の様相は法顕の 『仏国記』に描かれている。これ以後、王都が移動するたびごとに仏歯も移動して、現在はキャンディの仏歯寺に納められてい る。仏歯は仏陀の聖遺物の仏舎利として崇拝されると共に、強い力を持つものとして神のように祀られた。キャンディではエサラ月にあたる7月の満月を頂点と するエサラ・ペラヘラ祭で、仏歯が象の背中に乗せられて、神々の象徴である武器と共に町中を練り歩く。ペラヘラとは行列の意味でかつての王国の秩序が目に見える形で示され る。仏歯は雨を呼ぶともいわれ、作物の豊作をもたらす祈願の対象でもある。



クイーンズ・ホテル

スリランカで一番有名なホテル 仏歯寺のすぐ目の前にあります ホテルですからロビーまでは自由に入れます

中にはいると、時代が100年遡ります 往時を偲ぶとはこのことでしょう 外の喧噪が嘘のように聞こえない 時が止まります 思わずティーを頼みたくなる瞬間だね


キャンディアン・ダンス

マグル・ベラ
Magul Bera

ドラムの競演
ドラマーはすべて男性

プージャー・ナトゥマ
Puja Natuma

仏陀に祈りを捧げる踊り
手にはろうそくを持ってます
これが消えそうで消えない
踊りは女性のみ
ナトゥマとは踊りのこと

上演時間 1時間 18時から19時

当然ですが、前の方の席が良いね
ビデオを撮るなら少し後ろかな
ホールは結構広くて1000人くらいは入りそう

仮面の踊り
ラクッシャ・ナトゥマ
Raksha Natuma

これが一番有名でしょうね
この仮面、土産物でよく見るあれです
悪霊祓いの踊りで、現在も民間療法では使われるとか
頭ぐるぐる廻してすっごいです

← マユラ・ナトゥマ
Mayura Natuma

別名:ピーコック・ダンス
キャンディの伝統的踊り
孔雀の動きと習性を表現、孔雀はスリランカでは戦いの神の乗り物で勝利を祈る意味がある


皿回しです