>シギリヤ

では、シギリヤ・ロックの後半をスタート

ミラー・ウォール 鏡の回廊 Mirror Wall

前編のシギリヤ・レディのすぐ下の部分に当たる回廊 高さ3m 床は総大理石 ピカピカに輝いていて鏡の様である 某番組のクイズにもなってましたが この壁は、レンガを積み上げ漆喰を塗りその上に卵白・蜂蜜・石灰を混ぜた物を上塗りして、磨き込んで鏡状に仕上げたもの (現在は触れることが出来ませんが、いたずら書きの多いこと・・・ (`_´) ちと鏡状じゃないかも・・・

ここまで登ってくると眺めの良いこと 真ん中の白いところを通って来たんだよ

通称 「エレファント・ロック」 Elephant Rock 象の背中のように見える かな?

「投石機」
Stone Throwing

でかい石が微妙なバランスで斜面にくっついている カッサパ王が敵が攻めてきたときために用意したとか 1000年間じっとしてます

絶景かな

水の広場が見えます 奥のほうから入ってきました


ライオンの入り口
Lion Terrace 

ここが王宮の入り口 「ライオンの入り口」と呼ばれるところ
前足しか残ってませんが、当初は足も頭部もあり人が階段を登っていくとライオンに飲み込まれるがごとくって寸法ですな

なんか、いい感じでしょ (^。^)

まともな?階段はすぐ終わってしまいすぐはしご状になります これがしんどい 延々続く

大写真だとわかりますが、壁になにか絵が描かれています

ライオンの入り口付近は広場になっています

真上から見るとこんな感じ ほぼ垂直に登ってくるのがよ~くわかるね (^-^)

爪のアップ

近くにもう一つ小山があります

見えます? シギリヤ・ビレッジです プールが見えてます

王宮跡
Royal Palace

頂上で御座います 面積1.6ヘクタール 結構広いよ
王宮・兵舎・住居・ダンスホールがあったとさ(現在建物はなにも無い)360度の展望だけです
貯水池は今も生きてます↓


では、山を降りましょう

会議室
Council Hall

カッサパ王が開いたとされる会議場
→の穴は柱を立てたとされる
奥が玉座

アサナ礼拝堂
Asana Chapel

仏陀の王座があったとされる

この上が会議室です 自然の石をうまく使ってます

コブラの岩 → Cobra Hood Cave

確かにコブラに見える よね (彫って作ったってわけじゃないだろうけど、紀元前2世紀のものって説明があったりする・・・から作りもんかな?)

古代の絵画跡

色は残ってるんだけどなんの絵かは不明